--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
09.29

ヨガランチ会、瞑想をやってみた

Category: カレー日記
ヨガランチの日でした。



昨日NHKの「ガッテン!」で「瞑想」が取り上げられていて興味深く見ていたのですが、
今日の参加者の方も見ていたそうで、いつものヨガの日にやっているのと同じこと
ですね、とおっしゃっていました。



あいかけんのヨガランチはゆる~い会で、ポーズをビシッと決めることよりも、
ポーズをとりながら常に呼吸に気づいていることに意識を向けます。




先日、IYCのゼンコウ先生のワークショップに参加したのですが、前半の呼吸と
瞑想法のワークショップがとてもおもしろくて。
自分が瞑想コースに参加して帰ったばかりだった、というのもあるのでしょうが・・・
で、早速その日にやった呼吸法を数日後のヨガランチ会でも実践。




そして今日は、呼吸法に続いて少しですが瞑想も皆でやってみました。
ほんの2~3分ですが静寂のひと時。
外の雨音も、深い瞑想へと導いてくれるかのよう・・・




呼吸、瞑想がボケやストレスを防ぎ若々しい脳を取り戻す!
そのようなうたい文句の昨日の番組でしたが、「ガッテン!」で瞑想が
取り上げられるような時代なんだなぁ~とそのこと自体が興味深いことです。



「脳の持つ本来の力を最大限に引き出すこと」が瞑想の本当の目的、と
はっきりと述べているところもわかりやすいです。



良かったら参照してください。

ボケない!脳が若返る「めい想パワー」SP




ゲストで登場して瞑想の実践を指導された方(お名前は忘れてしまったんですが)が
「人間の思考することの大半は、過去への後悔と将来への不安」だと言っていたのが
身につまされましたね・・・
確かに、過去を後悔して未来を憂いているだけの人生ではあまりにもつまらない!
そんなわけで、一日3分、呼吸に集中するところから始めてみましょう♪




ヨガの後のお楽しみ、本日のランチ。



かぼちゃのココナツ・マサラ
いんげんとなすのサンバル
きゅうりのライタ
里芋のスパイス炒め
れんこんきんぴら
トマトのチャトニ
かぼちゃとみょうがのパコラ
古代米入りごはん&酵素玄米
マサラ・チャイ
プリン




Comment:0  Trackback:0
2016
09.29

9月28日ランチプレート

Category: カレー日記
カレーもすっかり秋色です




エビのココナツマサラ
いんげんとなすのサンバル
ダール・タルカ
里芋のスパイス炒め
れんこんきんぴら
トマトのチャトニ
きゅうりのライタ
かぼちゃとみょうがのパコラ
あじのスパイス焼き
縄文茶入りごはん&酵素玄米



Comment:0  Trackback:0
2016
09.29

9月24日ランチプレート

Category: カレー日記
急遽作成した割に豪華な品揃え。



チキンのココナツマサラ
ポーク・ビンダルー
かぼちゃのポリヤル
ベイガン・バルタ
ズッキーニのマサラ炒め
きゅうりのアチャール
キャベツとなすのあっさり炒め
炊き込みご飯&酵素玄米



Comment:0  Trackback:0
2016
09.20

9月19日ランチプレート

Category: カレー日記
久しぶりの嬉しい再会だから、思いっきり豪華にして!という依頼だったので、
またまた作りたいものをぜーんぶ作っちゃいました♪というプレートになりました。




キーマカレー
エビのココナツ・マサラ
ひよこ豆のカレー
オクラとズッキーニのサンバル
かぼちゃのポリヤル
茄子のサブジベンガル風
5種のハーブのチャトニ
きゅうりのアチャール
山芋のスパイス炒め
じゃがいものサモサ
ターメリックライス&酵素玄米




食後はマサラチャイとかぼちゃのココナツミルクプリン、それプラスとろりとした触感が
絶妙な手作りプリンをいただいたので、もちろんそれもお出ししました(笑)



盛り盛りなカレーを食べた後も、なぜか別腹で入っちゃうのですね・・・
手前がいただいたもの、右がかぼちゃのココナツミルクプリンです。





Comment:0  Trackback:0
2016
09.19

丸くて甘い、チャイ

Category: カレー日記
「まあるくて甘い」って幸せな気持ちになる、と先の記事に書いて思い出したこと。




あいかけんのチャイって「まるい」よね、とたまに言われることがありまして。




そう言われる前から、誰よりも私自身が、チャイを作って飲むたびに
「きゅうっとまるい」感じのチャイだよなぁ、そう思っていたんです。




で、そう言われることがあって、ああそうか、わかる人にはわかるというか、伝わる人には
伝わるものなんだな、と思いました。




先日、スパイスおうちごはん教室でまあるいラドゥーを作りましたが・・・
(これはインドのチャイ&ラドゥーですけどね)



ラドゥーを作る時に大切なのは、じっくり、ゆっくり、ていねいに時間をかけて、

ゆったりと気長に作業すること。

ギーでベサン粉を炒めるのも時間のかかる作業だし、

そのあと少し冷まさなければ次の行程に移れないし、

粗熱のとれた生地にお砂糖やカルダモンパウダー、砕いたナッツ類などを入れてからも、

しっかりと全体がなじんでいくことを感じながら作業するのが大事。

カルダモンのさやを砕いて、中の種を取り出して包丁で細かく砕くのも、

それはそれで気長な作業。

でも、カルダモンの良い香りや、ざくざくと種が細かくなっていく気持ちの良い感触を

楽しむことができます。

生地がなじむ、というのは、中に入れたいろんな材料がひとつになって溶け合った、

ということ。

その生地を丸く成形したのがラドゥーです。

チャイの場合は、液体なのでもちろん丸くすることはできませんが、

ちゃんと待つべきところは待ちながらゆったりと作ったチャイは、

やはり「きゅうっとまるい」のです。




他にも丸くて甘いものはたくさんあるけれど・・・

DSCN0415.jpg

丸くて甘いスイカとか、




インド白玉?!もそう言えば作った!

683.jpg

これは甘くはなかったけれど・・・
チキンと一緒に煮込んでました。




これも丸くて甘いと言えばそうかも・・・

DSCN0057.jpg




本家本元、スイーツ屋さん。

839.jpg

下の方にラドゥーが見えます。





写真はないけど、寒くなってくるときゅうっと丸く結球する白菜も、甘い!!







スイーツやチャイに限らず、スパイス料理って、材料がなじんでくれるまで待つべきところを
しっかり待ちながら、ゆったりとした姿勢で臨むのが大事なんだよって教えてくれます。
これはもう料理の技術という範疇を超えて、人としての生き方、在り方に直結してきますよね。
料理にはどうしたって、その人そのものが表れますから。
あとは食べる人がそれをどう感じるか。それだけのこと。





そんなことを「きゅうっと丸い」チャイを飲みながら思ったりしてました。






Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。