--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
06.30

普通に美味しいおうちごはん

Category: カレー日記
気が付けば、あっという間に6月も終わろうとしています。
すっかり更新がご無沙汰になっちゃいました~





今月は、自宅の離れを使用しての「ヨガランチ会」をスタートし、幸先の良いスタートを
切れたかと思いきや、まさかのぎっくり腰に見舞われて、ヨガランチ会の第2回目を延期。
27日(月)のサロン・スターダスト主催の食事会も、一時は開催が危ぶまれたのですが、
何とか復活することができました。













この日参加していただいたのは、インドの家庭料理など食べたことがない方がほとんど。
宣伝用のチラシの私のプロフィールもなかなかぶっ飛んでいるし(笑)、理解の範疇を
超えた人・・・みたいなイメージを持たれた方が多かったのでは。
質問コーナーも、インドに関する素朴な疑問が山ほど。
それにひとつひとつ答えていくのは、私にとっても良い勉強になります。




私が体験したインドは飽くまで「私という一個人が体験したインド」です。
インドってこんな国です、とざっくりと説明することはできるけれども、個人個人の体験は
そこからはみ出してくるものばかり。
型どおり、イメージ通りのインドでしかなかったら、一度行ったらそれで満足して終わりに
することができるでしょう。
けれどもインドの場合、その「はみ出してくるもの」があまりにも多すぎて、おもしろすぎて
やめられない。




料理にしても、そう。
「あそこのお店は美味しい」と聞いて食べに行き、「評判通りの美味しいお店だったね」と
満足して出てくることもあれば、
「思ってたのと違った」とか「期待していたほどじゃなかった」なんてこともあり。
かと思えば、他に選択肢もないし・・・と何気なく入った食堂のごはんがびっくりするほど
美味しかったり。
あのお店のごはんがもう一度食べたい、と思っても、店の名前も覚えておらず、場所も
うろ覚えで2度とたどり着けなかったり。
そのプロセス自体を楽しめるようになると、旅も俄然おもしろくなります。






あいかけんのお料理もどちらかというと、インド料理とかインドカレーという範疇からは
ちょっと(いや、大いに?)はみ出しています。
インドのお母さんたちから教わったレシピも、作っているうちにどんどん自己流に変化
していくし、同じ作り方をしても材料ひとつで出来栄えは大きく変わってきます。
それでも、その辺で採れた旬の食材にちょっぴりスパイスを加えると、魔法みたいに
美味しくなる。




これならいくらでも食べられる!
これなら毎日食べたい!




インドのことなんて何も知らなくて、インドに行ってみたいなんて思ったこともなくて、
何の特別な肩書を持つわけでもない普通の人が、そんな風に言ってくれるのが
何よりも嬉しい。
ちょうど今日、延期にしたヨガランチ会の2回目が終わり、しみじみとそんな風に
思いました。




その割に、先日の食事会のメニューはわけのわからんカタカナ名ばっかりに
なっちゃいましちゃけどね・・・(°_°)
マサラ、サンバル、クートゥ、ロースト、バルタ、アチャール、チャトニ、ムティア…(笑)
一応、お食事タイムにわかりやすく丁寧に説明させていただきましたよ~




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://aikakendayori.blog101.fc2.com/tb.php/451-f601f6e4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。