--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
08.30

奈良&南山城村食い倒れツアー

Category: カレー日記
無事に料理教室を終え、バタバタと片づけをして、翌日は朝から奈良へ向かって出発です!




奈良県北東部、大和高原にて自然栽培でお茶を作っている伊川 健一さんの健一自然農園
ツアー最初の目的地。
もとはと言えば、ベラさんを連れて行こうと思っていたんです。
そのために、いろんな方々の力を借りてお忙しいところを時間を割いてもらっていたのですが・・・
ベラさんの都合でどうしてもそれが叶わなくなりました。
無理なスケジュールで強行しても楽しめずに疲れるだけだろう、と判断し、訪問日を予定より
一日早めて、前日から京都入りしていた円さんと二人で向かいました。




なぜかなかなか目的地に到着させてくれない?!英語のナビにブーブー文句を言いながらの
珍道中。それでも何とか、午前中のうちに到着~



早速茶畑に連れて行っていただきます。
手前は、円さん。
そもそも、円さんに「奈良で自然栽培でお茶やっている人がいるんだよ」と教えてもらった
のが最初でした。
いつか行ってみたいなあ、そう思っているうちに、円さんから「那須ツアー」と称して那須の
おもしろい活動をしている人たちのところに健一君たちを連れて行きたい、そんな申し出を
いただき、所長の以前の職場、大田原(旧黒羽町)のかりいほにお連れして、茶畑を見てもらった
のが昨年10月。




健一君、今の状況とこれからの展望を、矢継ぎ早にどんどん説明してくれます。
ものすごい量の情報が一気に押し寄せてくるのに、それがちっとも苦痛じゃないどころか、
すごくわくわくしてくる。
たぶんそれは、彼が単なる夢物語を誇大妄想的に語っているのではなく、しっかりと地に
足をつけ、日々実践しているのだということがちゃんと伝わってくるから。
だから、彼に思いを託したい多くの人たちが、健一君の周りには集まってくる。
どんどん、協力を申し出てくる。どんどん、繋がりができてくる。
結局は「人」なんだよなぁ、と改めて気づかされます。


日ごろから、分刻みのスケジュールで多忙を極めている健一君、お忙しいところを
本当にありがとうございました!!
次回はベラさんも連れてきますよ~




午後、健一君たちと別れて南山城村へ。
とある古民家で、カレーを作って村の皆さんに振る舞おう!という「カレーナイト@南山城」
をこれまた円さんと、お友達のたえちゃんが企画してくれました。



まずは、ご近所で自然栽培で野菜を作っている森さんの畑へ。
つやつやぴかぴかの採れたて野菜を、たくさんいただいてきました♪



それを古民家のキッチンで、皆でわあわあ言いながらお料理します。
この、わあわあ言いながらのカオスな感じが、いかにもぐちゃぐちゃ混ぜて食べる
カレーな感じがして好きなんですよ。
古民家の主、たえちゃんやまさしくんは大変だったかもしれませんが・・・荒らしまくって
ごめんなさい(^_^;)



そんなこんなでできたプレートがこれ!



ダール・タルカ
ズッキーニとピーマンのサンバル
ロビヤ豆のカレー
モーウィのライタ&浅漬け
かぼちゃのポリヤル
オクラのムスリム風炒め
ズッキーニのチャトニ
茄子のマサラフライ
玄米ごはん

本当は、このカレーナイト@南山城もベラさんにカレー作ってもらう予定だったんですが、
私、所長が責任をもってベラさんから教わったレシピも含めたプレートをご用意させて
いただきました。
それにしても、森さんの自然栽培のお野菜は、本当に香りも強く(スパイスに全然負けてない)最高でした!



写真には写っていませんが、発酵王子(ご本人は発酵小公子くらいにしといて、とのこと
なんですが笑)まさしくんの作った豆乳ヨーグルトと甘酒のラッシーがもう絶品で・・・!
幸せすぎて一気にニルヴァーナに達しそうな勢いでした!!(笑)





翌日は、温泉に行きがてら、隣の直売所でやはり自然栽培のお野菜たちを入手。
そして「日本で3本の指に入るくらい美味しい!」という卵も購入し、お昼のメニューは
エッグカレーに決定。



かぼちゃも入れて、エッグ&パンプキンカレー。
このカレーの何がスペシャルかって、自家製フェンネル・シードを惜しみなく使わせて
もらったこと!何よりの贅沢です。
カレーと言えば、玉ねぎ、トマト、にんにくあたりが3種の神器的に必須な感じがしますが、
なければないで、美味しく作れるものです。
今までインドのお母さんたちに教わってきた家庭料理も、みんなそんな感じだったよなぁ、と
何だか初心に立ち返らせてもらった気がします。



一番近くにいる人が作った食材で、その時に在る食材で調理する。
そうすると自然に感謝の気持ちが生まれ、その気持ちがお皿の上で生まれ変わる。
料理人としての醍醐味であり、真価の問われることです。




ランチはエッグ&パンプキンカレーにこれまた自然栽培のトウモロコシ、そして前日に
引き続きモーウィの浅漬け。
前日の仕込みの時から、この浅漬けを円さんに丸投げしていたのですが(笑)、この日は
地生えきゅうり、マクワウリなども入れてもらって、チャンプルーな感じになりました。







そして食後にスイカ!
瑞々しくて、皮まで全部食べる勢いで!かぶりつきました♪








夕方、荷物を積み込んでお世話になった南山城の古民家を出発。
途中、ほんのちょっぴり川遊びも。
トウモロコシ、スイカ、そして川遊び。夏休みの絵日記のマストだよねぇ・・・




奈良&南山城村の皆さん、素敵な出会いを本当にありがとうございました!
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://aikakendayori.blog101.fc2.com/tb.php/400-00b3d6f0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。