--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
05.13

無心で作る

Category: カレー日記
とってもお久しぶりの更新になってしまいました…
ゴールデンウィークもとっくに終わりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?





連休後半辺りから、あいかけんのお客さまにぼつぼつ好文にお越しいただいています。
遠路はるばる東京や那須から、皆さま本当にありがとうございます❗





好文のランチメニューは月替わりです。今が一番野菜の種類が少ない時期だということもありますが…なかなかメニューが定まらず、胸を張ってお客さまにお出しできているか、私個人としてはイマイチ自信がなく。
そんな時にあいかけんのお客さまに来ていただいて、嬉しい反面、せっかく来ていただいたのに満足していただけたかなぁ…とヤキモキする日々。




そんな中、再度引っ越しをしました。
人生何度目の引っ越しだよ…と呆れられそうですが(笑)、先日まで住んでいた部屋は飽くまでも仮住まいで、今度の引っ越し先にはちゃんと住むつもりです、今のところ。




まだ冷蔵庫も洗濯機もないのですが、あいかけんから持ってきた調理器具やらスパイス類はばっちり揃っていて、とりあえず自炊は張り切ってカレー作りから❗






ごはんとお味噌汁、ではなくてカレーです。キノコのマサラ。
その辺のスーパーで適当に買ってきた材料で作りましたが、やはり自分が食べたいものを一番良くわかっているのは自分みたいで、しっくりくるし落ち着きます。
なあんておしとやかなこと書いてますが、要はう、うまいっ!!とか唸りながらガツガツ食べていただけのこと…😅






あいかけんがまだあいかけんという名前すら存在していなかった頃、サモサを使って友達の家に持っていったんです。
その時、その友達は死にたい死にたい、もうダメだからとにかく死にたいの一点張りで、今思えば結構緊急事態だったのですが、そんな時に悠長にサモサを皮から手打ちして作って持っていったのですよ。




それくらいしか、その時の私にはできることが思いつかなかった…それだけのことですが、インドで知り合ったその友達は美味しいと言ってたくさん食べてくれて、とりあえずその時は死なずに済みました。





美味しいものを食べると幸せになるし、幸せを知ると、明日もその幸せを味わいたいから生きていようと思うのかもしれません。




その数ヶ月後に、インドで知り合ったその友達のそのまた友達が、死にたいなんて思ってもいなかったはずなのに、不慮の事故で亡くなりました。
葬儀に何か持っていこうと思い、結局それしか思いつかなくてまたサモサを作って持っていきました。もちろん、食べてもらえないんですけどね…




喜んでくれるかな、とか食べてくれたらいいなぁ、とか様々な思いを馳せながら作りますが、最後は食べてもらえても食べてもらえなくても、そんなことは関係なくなる。作ることができるのが嬉しいし、作る相手がいることが嬉しい。
執着がなくなっていくと、余計なものに
惑わされず、無心で作ることができる。




結局、美味しかったかなぁ⁉満足してもらえたかなぁ?などとヤキモキしてしまうのも、自分への執着なのかな。
でもそんなのは、自分で作ったカレーを食べたらすぐにわかること。
美味しく作ってやろうと思って作ると、思ったほどは美味しくなかったりします。




サモサに話を戻すと、あの時の自分は食べてもらえても食べてもらえなくても、何でも良かったんだなぁと思う。一人は死にたい人だし、もう一人は死んじゃった人だし。
それでも、それなりに必死に作ったけれど。
その必死さがあってこそのサモサだったんだろうけど。





あいかけんなんて存在もしていなかったけれど、あの時のサモサ作りがあいかけんの活動の原点となっています。




仕事になるとどうしても収益を上げることにフォーカスしていくし、それは必要なこと。
でも、本当はそんなの全部ぶっ飛ばして無心でカレー作りたいんだよなぁ…
いくつになってもこんなんで、ホント困ったものです(笑)



















スポンサーサイト

トラックバックURL
http://aikakendayori.blog101.fc2.com/tb.php/382-34348948
トラックバック
コメント
素敵な料理精神ですね。
おさるさんのうたのオジサンdot 2015.06.03 17:58 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。