--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
02.28

WAF2014振り返り4「料理班の1日」

Category: 旅日記
WAFボランティアは、それぞれのアーティストさんの制作チームに分かれ、進行状況によってその日の活動内容を決めて動いていきます。





…が、所長はここでもやはり料理班に志願したので…(^-^; 基本的に皆とは別行動。
今日はWAFの皆さんを陰で支えた?!料理班の日々を振り返ります。






毎日朝、朝食時にミーティングをした後、皆さんマジックという乗り合いタクシーに乗って、学校に制作に出かけます。
我々料理班も買い物袋を持参してマジックに乗り込み、途中のマーケットで降ろしてもらいます。


ガンジャード村のマーケットはこじんまりとしていますが、必要なものは大抵揃います。
その日の昼と夜に使う野菜を探しながら、何となくメニューが決まっていきます。







料理はかまどで行います。
火おこしからスタートしますが、なかなか火が安定せずに苦戦していると…必ずピタージー(ラジェーシュさんのお父さん)かアヤージー(ラジェーシュさんのお母さん)が助けてくれます。


ピタージーが写っていなくて残念ですが、このお二人は対称的。
ピタージーが始めの頃「この人って笑わないのかな?!」と心配になってしまうようなお方であるのに対し、


アヤージーは「この人って笑っていない時はあるのかな?!」と別の意味で心配になってしまうようなお方。




…そんなお二人が、我々料理班にとっては「火の御使い」でしたね。
「火を制するものが調理場を制する」のですから!







料理は基本、ラジェーシュさんの奥さんのランジャナさんに教わりながら作ります。
この日はじゃがいも、カリフラワー、オクラのサブジを作りました。
これにご飯を炊いて、ダールを作るのが基本のパターン。







慣れてくると、おかずにもバリエーションが出てきます。
この時は、お味噌汁、それにじゃがいもとチーズを赤唐辛子で炒めたブータン料理がお目見えしました。







ガンジャード村で毎週火曜日に開かれるマーケットでも、料理班は買い物にひた走りました!





そして、フェスティバルの前夜祭が近づくと、ダハヌの町まで仕入れにも出かけ…




美味しいターリーを食べて帰ってきましたとさ(笑)





涙なくしては語れない前夜祭(笑)については、記事を改めます。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://aikakendayori.blog101.fc2.com/tb.php/244-8939bae3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。