--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.24

今年のクリスマスプレゼントは・・・

あいかけんを始めるまで働いていた施設「かりいほ」の取り組みが、TBSの番組で
紹介されたらしい。
秋田は写らないので見ていないけど、見たよ~というメッセージをいただきました。




かりいほは知的障害者の方の入所施設です。
一部の職員は、施設内に住み込んで働いています。私もその一人でした。




かりいほの日々を一言で表すなら・・・「暴力とゆるし」という感じ。
はい、正にこの本のタイトルそのままです!



なかなかしんどいことも少なくなかったある日、たまたま本屋さんで見つけて
そのタイトルに吸い寄せられるようにして買ったこの本は、私にとってのバイブル。





   わたしたちは、相手が変われば愛せるかもしれないのに、とつい思ったりします。
 しかし、こういうときに違う態度をとることができる人たちもいます。彼らは自分が
 相手を大切に思っていることを、まず伝えようとします。そこではじめて相手は変わり、
 またそれによって自分も変わっていきます。人が心を開き、変わっていくためには、
 愛に基づいた信頼がなくてはならないのです。自分に深い存在価値がある、と
 実感できたときに、人は成長します。ものではない、「人」であると認められることが
 とても大切なのです。
             (FINDING PEACE 暴力とゆるし ジャン・ヴァニエ より)





いつも、言うは易く、行うは難し。
ヴァニエ先生はそう言うけどさ・・・でもさぁ・・・と思うことの方が圧倒的に多い、それが
偽らざる現実でしたよ。




この本を読んで、インドにもラルシュ(知的障害を持つ人と持たない人が生活を共に
するコミュニティ)があることを知りました。
バンガロールのラルシュでのエピソードが紹介されていたのです。
そしてかりいほを退職後、バンガロールとケララのラルシュにコンタクトを取り、
インドの旅の途中で数週間滞在させてもらいました。




DSCN0066.jpg

ラルシュ・バンガロールでは本のエピソードに登場するメンバーにも会えました。




かりいほほどじゃないにしても、やはりインドのラルシュもスタッフの方々は
いろいろと大変そう。
ケララのラルシュでは、君の日本での体験をシェアしてほしい、とわざわざ時間を
作ってくれ、話をしたら皆さんすごく真剣に耳を傾け、そして共感してくれました。





久しぶりにかりいほやラルシュのことを思い出し、昨年から今年にかけては
自分にとって「ゆるし」が大きなテーマだったなぁ、と改めて思い返しています。
昨年、「絶対に許せない」と思うことがあり、ずっとその思いを手放せなかった自分。
手放さないことでもっと自分を苦しめているのに・・・わかっているのにどうしても
手放せずにいました。



それが今年になって、夏くらいに「もういいや!全部ゆるす!!」となって。
なんだ手放したらこんなに楽で自由なんじゃないか~と純粋に驚いて、
ずーっとつかえていたものが取れたら、一緒に涙ぽろぽろ。




そして秋。
ゆるす、じゃないよ~私の方こそ「ごめんなさい」だったんだよ!
そんな思いがふっと自然に湧いてきて、そうしたらもうダムが決壊したみたいに
涙ぼろぼろ・・・




時間はかかったけれど、そこに至る道のりを歩んでこられたことに、ただただ感謝。





今宵はそんなクリスマスイブ。
ケーキもろうそくもプレゼントもない平凡な夜だけど、ゆるし、そして「ごめんなさい」
という大きなギフトをいただいた、かけがえのない一年だったんだよ、そんなことを
思い出させてくれた。







スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2016
09.29

先日の異文化体験ワークショップの様子が

小さな記事ですが、秋田の地元紙魁新聞に載りました。





ラボという何だかよくわからない活動と、あいかけんという更によくわからない
活動をしている所長のことを記事にする。
意外とハードルの高い仕事だったのではないか、とお察しします。


新人記者さん、すっきりとわかりやすくまとめてくださいました。
記事になったらまるで別物だった、なんてよくあることですからね~



Comment:0  Trackback:0
2016
09.23

異文化体験ワークショップ~ラボこどもひろば~

「ラボ・パーティー」という活動に幼稚園の頃から高校生まで参加していました。
いわゆる「英語教室」とは一線を画した、どちらかというと英語をツールに遊ぶ、
という感じの活動です。
英語で歌を歌ったり、お話のテープを聞いてみんなで劇をしたり。
英語以外のお話もありましたが、やはり英語での活動がメイン。




幼少期を過ごした広島で数年間、その後引っ越した先の秋田で母がテューター
(先生のことをテューターといいます)になったのを機に活動を再開しましたが、
やっていたのは6年くらい。そんなに熱心に活動していたわけではありません。
国際交流プログラムに参加して北米のテネシー州に一か月間ホームステイしたのが
初めての海外でした。
英語にはそこそこ自信があったのに、南部なまりの英語を最初はなかなか聞き取れず
苦労したのを覚えています。
あとは、何といっても食べ物に関するカルチャーショック!!
ステイしたホストファミリーはあまり料理をせず、朝はセルフで各自ホットドック、昼は
外食でハンバーガーとフレンチフライ、夜は宅配のピザ、というあまりにも典型的な
アメリカの食事。
当時からごはんとみそ汁命だった私にはなかなかきついものがありました。
とは言え食べ盛りの頃でしたから、そのうちに何でもばくばく食べるようになりましたけど。





さて、そんな私がその後中学教師になり、中学教師を辞めてインドに行き、
最初はもう二度と行くかと思っていたのになぜかその後通い詰め、いつの間にか
インドカレー屋になってしまった・・・そんな経歴が異文化体験の「生きた教材」だ!
ということになりまして(笑)
秋田地区のラボテューターの方々から依頼を受け、9月22日の「ラボこどもひろば」
にて異文化体験のお話とワークショップをする機会をいただきました。







当日の様子。
こんな風に、大きい子も小さい子も入り乱れて活動するのがラボ。






対象が幼児から大人までと幅広く、お話オンリーでは子供たちが持たないだろうし・・・
とテューターたちとあれこれ話し合った末、ワークショップの最初にプチ「異文化体験」を
実際にしてもらうことにしました。





インドと言えば?→カレー!
インドのカレーって何が入ってるの?→辛いやつ!スパイス!


子供たちは元気よく答えてくれます。



じゃ、スパイスってどんなやつか一つ持ってきたのをみんなで食べてみよう!




そこで、各グループに細かく砕いたシナモンが配られます。
それをちょっとずつかじってもらい、



どんな味がする?




・・・へんな味ーーー!!




こどもは正直です。
シナモン、香りは良いかもしれないけれど、所詮は木の皮ですもんね。




さて次に、シナモンロールが配られます。
今度はみんなぱくっと食べて「あまい!」「おいしい!」
子どもも大人も嬉しそう



そう、シナモンはそのまま食べてもおいしくないけど、甘いものと組み合わせると
おいしくなるんだよ!スパイスはそのまんまだとただの種とか木の皮だけど、
いろんな食べ物と組み合わせることで、その食べ物がびっくりするくらいおいしく
なるんだよ!




・・・ということを熱く語りたかったんですが、時間の関係上そこまでは踏み込めず、
シナモンだけだとへんな味だけど、シナモンロールはおいしいねぇ♪というところで
おしまい。




さらっとおしまいにはしましたが、このワークショップを取り入れたのは、あいかけんの
カレーを食べていただいた、とあるテューターの「食べるときの組み合わせによって
思いもよらない味を味わえる、というのが、人と交流するとか未知の体験をすることと
共通点があるような気がする」・・・という一言がきっかけ。
そう、そうなんです!思い返せばあいかけんだって、単なる飲食店にとどまらない
「新しい体験をする」場所となっていましたからね。






さて、みんなちょっとリラックスしてきたところで、次はインドと言ったらヨガ!




ヨガにはいろんな動物のポーズがあります。
さて、これは何の動物のポーズでしょう?わかるかな?!




・・・と言って私が「亀のポーズ」をやるんですが、このポーズ、私にとっては決して
簡単にできるとは言い難いものでして。
テューターとの打ち合わせの際、ついうっかり「亀のポーズとか、わかりやすくて
いいかも・・・」と口走ってしまったのでした。
前日まで、お話しする内容よりも亀のポーズちゃんとできるかしらん・・・とそっちの
方が実は気がかりだったりして(笑)




ステージ上ではよく見えなくて何だかわからないだろうから、子どもたちはもっと
近くまで来ていいよ!と言ったら、さすがラボっ子、物おじするどころか一斉に
ダーッとステージめがけて走ってきて、あっという間に囲まれました。




じゃ、やりまーす。よく見ててね~




するとすぐに「わかった!亀!!」と・・・よ、よかったぁ~一応亀に見えたみたい(笑)
最初に当てた子に「どうして亀だと思った?」と聞いてみたら「背中が甲羅みたいに
見えた」と。うんうん、正解正解!




じゃあわかったところでみんなで亀のポーズをやってみよう!



お父さんもお母さんも、ちょっと難しいですけどチャレンジしてみてくださいね~
と言いながら、ステージ上からパシャリと一枚。
子どもは楽々と、大人もひーひー言いながらも皆さん果敢に挑戦してくださいました。





もう一つ、今度はインド武術カラりパヤットの「象のポーズ」を披露。
これは腕の部分を象の鼻に見立てるので、それをヒントにしたら子どもたちは
すぐに正解!
結構きついポーズなので、腕の部分だけみんなで一緒にやってみます。


7856.jpg

こんなポーズなので、大人は絶対腰にきますから(°_°)




でもでも~もっといろいろやりたそうな子供たちの顔を見ていたら、ついつい
じゃ、もう一つオマケでやっちゃおうかな?!ということで、




バカーサナ(カラスのポーズ)もやっちゃいました!
もちろん、子供たちは一発で正解!!
ひょっとしてヨガやってるんだろうか・・・?




そして子どもたちはバカーサナを楽々と。



大人はさすがに無理~という感じで、子供たちを見守ります。





そんな感じで、導入部分のワークショップで大いに盛り上がったところで、いざ、お話へ。




いくつか写真を用意しておいたので、それを見せながらとは言え、決してわかりやすい
内容だけではなかった話を一時間集中して聞いてくれた子供たち、すごい!!




詳しい話の内容はここには書きませんが、伝えたかったのは「ありのままの自分で
ぶつかっていくこと」「自分自身で体験をすること」
それができれば、いろんなことが怖くなくなるし、自信がついてくる。
「わからない」から不安に思うし、怖いと思うだけであって、実際に体験すると不安は
消え去ってしまう。そうすると怖い!と思い込んでいたはずのことが、いつの間にか
楽しくてたまらなくなっていく。
だから世界に飛び出すのは怖いことじゃないよ!
行きたかったらじゃんじゃん行ったらいいよ!!





・・・というメッセージをインドでのいろんな体験をもとにしたお話の中に私なりに
盛り込んだつもりです。




1時間半のワークショップとお話を終え、最後に今年の夏、国際交流プログラムに参加した
4名の中学生の帰国報告会です。



4つのグループに分かれ、一人ずつの発表を聞き、質問をします。



フロリダ州の11人兄弟、総勢13人の大家族の家にステイしたE君の報告を聞くグループ。
13人もいて、車で出かけるときはどうするの?ごはんは?などなど質問が飛び交います。






ニュージーランドに滞在してきたNさんの話を聞くグループ。



彼女は学校にも通ったということで、授業の話、お弁当の話も。
お料理上手なお父さんの料理の写真が、本当に美味しそう
ニュージーランドの先住民マオリ族のことなども紹介してくれました。




一か月間のホームステイで何を学んだか?という質問に対し、4人とも
「いつも笑顔でいると、自然に友達になれるし気持ちも通じ合う」のだということ、
と答えていたことにビックリ。
すごい!みんな力が入っていなくて、自然体。
そう、それでいいんだよね。
友達100人できた、とか、こんなところあんなところに行ってこんなに楽しいこと
ばっかりだった!とか、そういうんじゃなくていいんだよね。
私の1時間のお話よりも、彼らのシンプルな一言にすべてが凝縮されていると
感じました。




それにしても子どものパワーって想像を大きく超えていて・・・
この日はそのパワーにどっぷり浸かってすごく楽しくて、帰宅したら実は結構疲れて
いる自分に気づきました(笑)




最後におまけでこの日のカレー弁当を。



だいぶ食べてから撮ったのでおかずがだいぶ減っちゃってますけどね~





秋田地区のテューターの皆さま、
積極的にワークショップに参加してくださった皆さま、
どうもありがとうございました!









Comment:0  Trackback:0
2016
07.10

ホメオパシーのレメディが届きました!

イギリスからはるばる、海を越えて秋田の我が家に到着しました~!



ホメオパスの藤田 円さんのお話い会を那須のお店では何回かやっていたので、
購入する機会はいくらでもあったのですが、決して安くはない買い物であり、すぐには
踏み出せないままズルズルと時間ばかりが過ぎていたのです。




昨年末、バイトでお世話になっていたお蕎麦屋さんの大将が大晦日を目前に突然の発熱!
という緊急事態。
こういう急な症状にはどのレメディーを摂れば良いか、何度かお話を聞いていたので
さすがの私にもすぐにわかったのですが・・・




肝心のレメディーが手元にない!!





この時ほど、自分が持っていたらすぐに渡せるのに・・・と痛感したことはありません。





結局この時はとりあえず円さんに電話をしてアドバイスをいただき、大将が持っていた
(それも奇跡!)複合型のレメディーに、そのレメディー「アーニカ」が含まれていたので、
それを摂取してもらったら、翌朝には平熱に戻ったとのこと。
おかげで、無事に一年で一番忙しい蕎麦屋の大晦日を何とか乗り切ることができたのです。





その後、年明けからインドに行ったので、じゃあインドでレメディ買おうっと!インドだから
たぶん安いし~♪なんて呑気に構えていたら、ドイツ製の高いのばっかりで。
この前の旅は予算がかなり限られていたので、結局そこでも断念・・・





そんなこんなで更に時が経ちましたが、秋田に戻ってから5月に捻挫!6月にぎっくり腰!!
と立て続けにアクシデント・・・しかもぎっくり腰はイベントの1週間前という緊急事態。





そう、人は結局自分が痛い思いをして初めて本気で行動に移すのですよ・・・





そんなこんなでようやく思い立ち、円さんの本で紹介されていた fairdewさんで
レメディーキットを注文。
もちろん、届いた今はぎっくり腰からはかなり復活しているのですが・・・
これと、円さんの「ホメオパシーのくすり箱」が傍らにあるというのは、何とも心強い限り。





その円さんがこの夏、秋田にやってきます!
ホメオパシーのお話会はもちろん、本の販売も行います。
その他、楽しい企画をただ今考案中です。
詳細は決まり次第、アップしますので皆さんお楽しみに!!

Comment:0  Trackback:0
2016
07.07

願い事を叶える不思議なリスト

今日は、7月7日、七夕。
特に何かお願いごとをしようと思っていたわけではないのですが、たまたま見つけた記事を
シェアします。




このゲームを考えたご本人は、たったの10分で願い事が叶ったそうです。
このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。



たったの3分ですから、ためす価値ありです。
まず、紙とペンをご用意ください。そして約束してください。


絶対に先を読まず、1問ずつ進むことを。
区切りに「~~~」を入れておくので、
質問に答えるまで先に進まないでくださいね。
先を読むと、願い事が叶わなくなるそうです。
質問が画面の下に出てくるように改行を開けておきます。




















準備はよろしいでしょうか?

1)まず、一番から、11番まで、縦に数字を書いてください。

~~~



2)1番と2番の横に好きな3~7の数字をそれぞれお書きください。

~~~



3)3番と7番の横に知っている人の名前をお書きください。
  必ず、興味のある異性の名前を書く事。
  男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同性の名前を書く。


~~~



必ず、一つずつ進んでください。

先を読むと、なにもかも無くなります。



4)4、5、6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書きください。
  これは、家族でも知り合いや、友人、誰でも結構です。



~~~



まだ、先を見てはいけませんよ!!



5)8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書きください。



~~~



6)最後にお願い事をしてください。


~~~


さて、魔法のゲームの解説です。

1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えてください。


2)3番に書いた人は、貴方の愛する人です。


3)7番に書いた人は、好きだけれど叶わぬ恋の相手です。


4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。


5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。


6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。


7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。


8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。


9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。


10)そして11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。


これを読んでから、1時間以内にブログや日記に貼り付けてみましょう。


そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。





皆さん、いかがでしたか?


私の人生を表す歌は、斉藤和義の「やさしくなりたい」でした~


Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。